食べるダイエットラボ

全てのダイエッターを応援するブログ

代謝のスイッチは朝食が命!

ブレックファーストとは、「断食明け」という意味。

 

ダイエッターにとって、朝は唯一、普通に食べていい時間です。

 

 朝食, トースト, 食品, 揚げ卵, 卵, 食事, パン, おいしい

 

前日の夕食から、10時間前後も栄養摂取のない体は、まさにプチ断食状態。

 

一刻も早く食べないと、血糖値は低下し、筋肉の分解が進みます。

 

また、日光が目から入ると、脳は起きますが、内臓は光の届かない暗黒の世界。

 

いつが朝なのか、わかりません。

 

朝ごはんが点火装置となり、お腹のエンジンはかかります。

 

筋肉の窮地を救うため、高タンパクかつ温かい食事を摂ってください。

 

タンパク質の、食事による熱産生は、摂取カロリーの約30%。

 

もっとも、体温を上げて、代謝を促進する栄養素です。

 

多少の糖質食もOKで、朝食後にすぐ寝る人はいませんよね?

 

朝の糖は早ければ午前中に、遅くても、その日のうちには使い切ってしまうはず。

 

「朝は王様のように食べよ!」の格言もあります。

 

ダイエッターの食事量バランスは、頭でっかちの逆三角形が基本です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


※特定の栄養素の過剰摂取は、健康を損なう可能性もあります。

※薬を服用中の方、持病のある方、健康に不安のある方は、まず主治医にご相談ください。