食べるダイエットラボ

全てのダイエッターを応援するブログ

人気No.1のハイスペック魚

日本で消費量No.1の魚は、、、鮭です。

 

低糖質・中脂質・高タンパクなダイエット食。

 

100gあたりのPFC

138kcal・タンパク質22.5g・脂質4.5g・糖質0.1g

 

鮭, 魚, 魚介類, 野菜, サラダ, 食事, 皿, プレート, 食品, 料理

 

白身魚なのに赤っぽいのは、アスタキサンチンという色素の影響。

 

化粧品にも使用されるその抗酸化力は、ビタミンEの約1000倍、ビタミンCの約6000倍あるとされています。

 

含まれる脂質も良質で、血液凝固に抗う働きや、中性脂肪を減らす効果が期待できるEPA。

 

伝統的なイヌイットの主食は、魚と、それを補食するアザラシやクジラのため、心臓血管系の病気にかかりにくいと、言われています。

 

魚油の持つ血液サラサラ作用を、裏付けるエピソードです。

 

ただしEPAは、加熱調理で流れ出やすい成分。

 

汁ごと食べられる鮭のホイル焼きは、おすすめ料理です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


※特定の栄養素の過剰摂取は、健康を損なう可能性もあります。

※薬を服用中の方、持病のある方、健康に不安のある方は、まず主治医にご相談ください。