食べるダイエットラボ

全てのダイエッターを応援するブログ

バナナは運動前がゴールデンタイム

日本で消費量NO.1の果物は、バナナ。

 

バナナ, フルーツ, 操作, スタジオ, 黄色, 健康, 食品, シェル

 

運動前に食べると、ダイエットの無駄が省けます。

 

1本あたりのPFC

86kcal・タンパク質1g・脂質0.1g・糖質21g

 

体内の糖質タンクは、筋肉に約300g、肝臓に約100gのストックが可能。

(血液には、約20g)

 

満タンにする必要はないですが、空のまま運動に突入するのはNGです。

 

空腹のまま、筋トレや有酸素をしてはいけません。

 

それは、筋肉が分解されて糖になり、筋肉量が減ると基礎代謝が下がるから。

 

ダイエットに、ブレーキがかかります。

 

バナナには、吸収速度の違う数種類の糖が含まれ、タイムリリース的なエネルギー供給が可能。

 

GI値も50前後で、血糖値が急上昇しません。

(あまり熟してないほうがいいでしょう)

 

運動1時間あたり、2本を目安にしてください。

 

また、含まれるトリプトファンは、ビタミンB6とインスリンに助けられ、幸せホルモンのセロトニン産生に関わります。

 

その工程にたずさわる栄養素一式が、全て揃うのもバナナ。

 

セロトニンは、夜にはメラトニンへと変化し、睡眠を手伝ってくれる成分です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


※特定の栄養素の過剰摂取は、健康を損なう可能性もあります。

※薬を服用中の方、持病のある方、健康に不安のある方は、まず主治医にご相談ください。