食べるダイエットラボ

全てのダイエッターを応援するブログ

なぜダイエットに筋トレなのか?

ダイエットに筋トレが必要なのは「基礎代謝の低下を防ぐため」ですが、それ以外にもいくつかのメリットがあります。

 

・体のアウトラインが整う

・体脂肪を分解するホルモンが分泌される

・トレーニング後のカロリー消費が増える

 

などです。

 

マーク, マーカー, 手, 書きます, 生産計画, コントロール, 組織構造

 

筋トレをみっちり1時間やると、どのくらいカロリーを消費すると思いますか?

 

約400kcalです。

 

でも、おもに使われるのは体内の糖で、体脂肪の燃焼は、それほどでもありません。

 

それでも、ダイエッターが筋トレをする最大の理由は、今ある筋肉を守るため。

 

基礎代謝を、下げないようにするためです。

 

ダイエットで食事を制限して、アンダーカロリーにすると、筋肉量は減ります。

 

もちろん、体脂肪も落ちますが、摂取カロリーが消費カロリーより少ない状態で、筋肉だけが栄養で満たされるわけにはいきません。

 

だからといって、筋肉の減少を見て見ぬふりでは、せっかく目標体重に達しても、代謝の低い体になってしまいます。

 

食生活を通常運転に戻したとたん、リバウンドしてしまうのはそのためです。

 

理想体重になったあとも、その状態をキープできるよう、筋トレで保険をかけておきましょう。

 

筋肉を残して減量すると、アウトラインも綺麗になります。

 

鉛筆のように筒状に痩せるのではなく、砂時計のようなクビレができるからです。

 

くわえて筋トレは、体脂肪分解ホルモンも分泌させます。

 

なので筋トレ後は、分解済みの脂肪をどんどん燃やせる時間帯。

 

有酸素運動などで、チャンスタイムを有効に。

 

さらに、もうひとつ。

 

アフターバーン効果もあります。

 

トレーニングを終えた後は、24〜48時間ほどカロリー消費が高止まりします。

 

酸素の取りこみや、組織の修復などで、エネルギー需要が高まるからです。

 

いつもどおりの生活で、より多くの脂肪が燃やせるお得感が味わえます。

 

いかがでしょうか?

 

①基礎代謝の低下を防ぐ

②体のアウトラインが整う

③体脂肪を分解するホルモンが分泌される

④トレーニング後のカロリー消費が増える

 

ダイエット中に、筋トレすべき理由です。

 

たしかに、ダイエットの主役が、食事制限なのは否めません。

 

でも筋トレに、脇役以上の魅力があるのも事実です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

※薬を服用中の方、持病のある方、健康に不安のある方は、まず主治医にご相談ください。