食べるダイエットラボ

全てのダイエッターを応援するブログ

脳をダマして代謝を上げる!

ダイエッターが、やがて直面する停滞期。

 

チートデイを、意識するタイミングです。

 

ケーキ, チーズ, デザート, お菓子, 美味しい, スイーツ, 甘い

 

そもそも停滞の原因は、体のホメオスタシスという機能。

 

体内の状態を、一定に保とうとする力です。

 

安静時の体温、血圧、心拍数などは、意識して整えなくても、勝手に上下しませんよね?

 

ホメオスタシスによって、自動的に調整されています。

 

困るのは、この自動調節機能が、体重にも作用するからです。

 

体はとにかく、急激な変化が大嫌い。

 

食事制限によって摂取カロリーが減ると、脳は飢餓に備えます。

 

1ヶ月で、体重の5%以上を減量したときなどは要注意。

 

ホメオスタシスが発動し、体重を守るため、代謝を落として、カロリー消費を節約するかもしれません。


スルスルと落ちてた体重が、横ばいになったら考えどき。

 

チートデイが有効なのは、そんな時です。

 

その日だけは、迷わず食べてください。

 

体内の糖質タンクを満タンにするため、糖質の占める割合が高ければ、なお良し。

 

体重×45kcalが一応の上限ですが、気分転換も兼ねた解放日です。

 

あまり神経質にならず、食べてください。

 

ホメオスタシスの勇み足が解除され、代謝は通常モードに戻るはず。

 

翌朝の体重は増えるかもしれませんが、心配ありません。

 

そのほとんどは、水分です。

 

体脂肪は、1㎏あたり約7,200kcal。

 

1日で増やすのは、まず無理です。

 

停滞期のチートは、脳への刺激。

 

ホメオスタシスに対する、フェイントです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

※特定の栄養素の過剰摂取は、健康を損なう可能性もあります。

※薬を服用中の方、持病のある方、健康に不安のある方は、まず主治医にご相談ください。