食べるダイエットラボ

全てのダイエッターを応援するブログ

タンパク質は痩せるための栄養素

ダイエット中も、制限してはいけないタンパク質。

 

肉類、魚介類、大豆製品、乳製品に多く含まれます。

 

食品, ステーキ, 肉, スープ, 牛肉, バーベキュー, 食べる, メニュー

 

1日に体重×1〜2gは、筋肉量を維持し、基礎代謝を守るため必要です。

 

糖質のように血糖値を上げず、脂質ほどのカロリーもありません。

(糖質とタンパク質1g4kcal、脂質1g9kcal)

 

摂取カロリーの約30%は、食事後に熱として放出され、もっとも体脂肪になりにくいとされています。

(食事誘発性熱産生:糖質約6%、脂質約4%)

 

たしかに、糖と同じ働きをするアミノ酸も一部あるため、厳格な糖質制限(ケトジェニック)中は、摂取量に注意です。

(タンパク質→体内で分解→アミノ酸)

 

でもそれ以外は、総摂取カロリーの25〜30%程度を、タンパク質から摂ってください。

 

髪、爪、皮膚の健康を、保つのにも欠かせません。

 

摂り過ぎより、不足が問題になる栄養素です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


※特定の栄養素の過剰摂取は、健康を損なう可能性もあります。

※薬を服用中の方、持病のある方、健康に不安のある方は、まず主治医にご相談ください。