食べるダイエットラボ

全てのダイエッターを応援するブログ

時間差運動でいいとこ取り!?

有酸素前に筋トレしておくと、体脂肪がより燃焼します。

 

自分にあった有酸素であれば、種目は何でもOKです。

 

特にかまえる必要はありません。

 

お風呂掃除も、犬の散歩も、ある意味では有酸素。

 

女性, 犬, 徒歩, 子犬, 犬の散歩, ペット, パークトレイル, 砂利道

 

ゴロゴロしてるともったいなくて、せっかくの燃焼チャンスを逃します。

 

筋トレで優先的に使われるのは、筋肉内の糖質ストック。

 

糖が大量に消費されたあとでは、脂肪以外に燃やす材料がないともいえます。

 

また、筋トレ刺激で分泌されるホルモンは、体脂肪の分解を促進します。

 

分解済みの脂肪は、インスタントに使える燃料。

 

有酸素スタート時から、素早く燃えます。

 

ただし、筋肉量を増やしたいなら話が別。

 

筋トレ直後は、糖質補給しないと、筋肉がうまく育ちません。

 

その場合はひとまず、体重×1gほどの糖質を摂り、3時間以上してから有酸素に向かうのが合理的。

 

それでも、筋トレによる脂肪分解の効果は、まだ続いています。

 

なるべく筋肉を犠牲にせず、かつ体脂肪を落としたいダイエッターには、時間差運動が有効です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

※薬を服用中の方、持病のある方、健康に不安のある方は、まず主治医にご相談ください。