食べるダイエットラボ

全てのダイエッターを応援するブログ

がんばらない有酸素が脂肪を燃やす!

「有酸素は、20分以上続けないと脂肪が燃えない」

 

これは都市伝説で、スタート直後から、ある程度の脂肪は燃えています。

 

たしかにジョギングなどの場合、走り出してしばらくは、糖の利用率が優勢です。

 

そのあと徐々に、脂肪が盛り返し、20分を過ぎあたりで糖を逆転。


1時間の運動でならしてみると、脂肪と糖が半々ぐらい使われるイメージです。

 

女性, フィットネス, トレーニング, 筋肉, 適合, スポーツ, 健康

 

ただし、ダイエットのための有酸素では、心拍数を上げ過ぎないように。

 

肩で息をするような運動は、糖が使われやすく、思ったように脂肪が燃えないからです。

 

体脂肪を効率よく燃やすために、心拍数をモニターする方法もあります。

 

以下の計算式は、ダイエット目的の心拍数を決める目安です。

 

220-年齢=最大心拍数

最大心拍数×0.7=目標心拍数

 

さらには、もっとザックリ決める方法も。

 

「ややキツい」の感覚です。

 

「楽」と「キツい」の中間ぐらいと、思ってください。

 

心拍数になおすと、だいたい120〜140あたりになります。

 

脂肪を効率よく燃やすには、がんばり過ぎはNGということですね。

 

さらに感覚的な基準は、話をしながら運動できるかどうか。

 

しゃべれないほど呼吸が乱れていれば、すこし速度を落としてください。

 

もし歌が唄えるようなら、もうちょっとスピードを上げたほうがいいでしょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

※薬を服用中の方、持病のある方、健康に不安のある方は、まず主治医にご相談ください。