食べるダイエットラボ

全てのダイエッターを応援するブログ

有酸素運動

ちょこちょこ有酸素を積み上げる!

「有酸素は20分以上しないと、体脂肪が燃えない」は迷信です。 どんな時でも、ある程度の脂肪は燃えています。 特別な運動とかまえずに、いつもよりカロリーを使う意識でOKです。 窓拭き、犬の散歩、洗車、草むしり、、、。 たとえ5〜10分であっても、動いた…

筋トレと有酸素は順序が大事

筋トレ→有酸素は、きわめて生産的な流れ。 脂肪燃焼のコスパが良くなり、ダイエット効率が上がります。 あわよくば筋量アップも狙うダイエッターは、3時間以上の休憩を挟むこと。 トレ後の分解された脂肪は、しばらく血管内を流れてます。 筋肉を十分にケア…

【有酸素vs筋トレ】痩せるにはどっち?

有酸素運動の最大メリットは、生活活動代謝を増やせること。 1日の消費カロリーに、運動した分を上乗せできるところです。 つまりダイエットの大原則である【摂取カロリー<消費カロリー】を、作りやすくしてくれる。 しかも糖を利用する瞬発系の運動と違い…

スクワットvsジョギング!脂肪燃焼ならどっち?

無酸素運動と有酸素運動の違いは、連続でおこなえるかどうか。 スクワットを10分間やり続けるのは難しいですが、ウォーキングなら可能です。 単位時間あたりの消費カロリーは筋トレの方が上でも、トータルの消費量で負けません。 糖を使う瞬発系の運動に対し…

呼吸して動けば生きてるだけで有酸素

呼吸しながら動けば、全ての活動はある意味で有酸素。 消費カロリーが増やせて、脂肪の燃焼も促せます。 買い物、カラオケ、窓拭き、DIY、、、。 難しく考えることはありません。 安静時よりも、代謝を上げる意識で大丈夫。 運動が嫌いなダイエッターは、ま…

ダイエット有酸素はちょいハードが吉

ダイエット目的の有酸素は、好きな種目でOKです。 強度は「ややキツい」くらいを目指しましょう。 心拍数で表すと、110〜130あたりがターゲットゾーン。 キツすぎる運動は、糖質燃焼するだけです。 喋れないようならもっとゆっくり、歌えるようならもう少し…

筋トレのち有酸素はタイミングが大事

筋トレ後は中性脂肪が殻から引っ張り出され、血中に放たれます。 そのため就寝までをアクティブに過ごせば、多くの脂肪が使えるのは事実。 でも直後に動き過ぎると、筋肉の合成が進みません。 大丈夫です。 血中脂肪はしばらく、体内を漂流しています。 焦ら…

幸せホルモンのカクテルで有酸素を習慣化

数種類の幸せホルモンが、有酸素を習慣にしてくれます。 目標に向けて動きだすと、まずはドーパミンが脳で作用。 前向きな気持ちでいっぱいになります。 そのまま30分ほど続ければ、エンドルフィンの効果で気分が高揚。 やがて心が穏やかになってきたら、セ…

ダイエット有酸素は追い込まないのがコツ

ダイエット目的の有酸素は、「ややきつい」くらいで大丈夫。 「きつい」や「かなりきつい」と感じる運動では、脂肪より糖が優先的に燃えてしまいます。 ちょっとした空き時間に、早歩き程度で十分です。 もしもっとハードな運動を好むなら、HIITでアフターバ…

なんちゃって有酸素で脱力系ダイエット!

「有酸素は、20分以上しないと脂肪が燃えない」は都市伝説。 スタートしてすぐ約4割は、脂肪が燃料になっています。 10分×3回でも30分連続でも、燃やせる脂肪量に差はありません。 近所の買い物や犬のお散歩も、十分に効果的な燃焼運動。 普段着でやれるプチ…

ランナーズハイで有酸素を習慣化!

ランナーズハイは、有酸素を頑張ったあとの特別ご褒美。 快感ホルモンが脳で働き、ポジティブ感情が溢れます。 30分ほどの早歩きでも効果はあるので、お買い物や犬の散歩でお試しあれ。 好きな曲を聴きながらだと、さらに分泌は高まります。 最後までお読み…

【悲報】有酸素の頑張り過ぎは意味がない!?

ダイエット目的の有酸素は、「ややきつい」くらいで大丈夫。 「きつい」や「かなりきつい」と感じる運動では、脂肪より糖が優先的に燃えてしまいます。 ちょっとした空き時間に、早歩き程度で十分です。 もしもっとハードな運動を好むなら、HIITでアフターバ…

有酸素の新事実!休憩中にも脂肪は燃える!?

「有酸素運動は、20分以上しないと脂肪が燃えない」というのは、俗説です。 体内の脂肪は、常に一定量が遊離脂肪酸というカタチで、血液の中に溶けて流れています。 いつでもすぐに、使えるようにです。 そのため、普段の生活でのエネルギー利用率は、脂肪と…

筋トレと有酸素は順序が命!

有酸素→筋トレの順番は、生産性が良くありません。 分解済みの体脂肪が血中に溢れていると、筋肉を修復するホルモンが邪魔されます。 さらに有酸素運動は、脂質だけでなく糖質も多く消費しますが、筋トレのエネルギー源はほとんどが糖です。 ガス欠のまま始…

スキマ有酸素は一生モノの痩せ習慣!

「有酸素は20分以上しないと、脂肪が燃えない」は都市伝説。 スタートした直後から、エネルギー全体の約40%が脂肪です。 ちなみに10分×3回でも30分連続でも、燃やせる脂肪量に大差はありません。 家の掃除や子供と遊ぶことも、十分に効果的な燃焼運動。 普…

体脂肪が燃えまくる!?有酸素のベストな使いかた

筋トレあとに有酸素をすれば、ダイエットは効果的。 脂肪細胞に収まった中性脂肪が、いわゆる体脂肪です。 筋トレによって分泌されるホルモンは、脂肪を殻から引っ張り出し、血液の中に放ちます。 いっぽうで血中の脂肪酸を、ガンガンに燃やすのが有酸素。 …

有酸素は細切れがお得!?

「有酸素は20分以上しないと、脂肪が燃えない」は都市伝説。 血管には、すぐ使える脂肪(=遊離脂肪酸)が流れています。 たとえ細切れ運動であっても、1日トータルの消費量が増やせるなら問題ありません。 30分連続でも、10分×3回でも、脂肪の燃焼量はほと…

スキマ有酸素で代謝を稼ぐ!

1日の代謝量は、筋肉1kgあたり13kcal、体脂肪1kgあたり4.5kcalです。 体重が減るにつれ痩せにくくなるのは、筋肉や体脂肪が減少したぶんの代謝ダウン。 食事制限だけで落ちてた体重が、変動しにくくなったら、活動代謝を増やして下さい。 最初はあまりかまえ…

ランナーズハイで有酸素が習慣に!?

有酸素の醍醐味は、ランナーズハイに象徴される気分の高まり。 複数の幸せホルモンが次々に脳内で機能し、ポジティブ感情で満たされます。 最初はイヤイヤであっても、始めてしまえばこっちのもの。 ドーパミンが作用しだすと、やる気は徐々に出てきます。 3…

知ってますか?賢い脂肪の燃やしかた

「有酸素は20分以上続けないと、脂肪が燃えない」 これは、誇張された表現です。 たしかに、有酸素のスタート直後は、脂肪の割合が40%前後で、糖の方が多く使われます。 そのあと徐々に、体脂肪が血中に放たれ、20分を過ぎたあたりからメイン燃料に。 1時間…

頑張りすぎはNG!?ちょこちょこ運動で上手に痩せる!

ダイエット目的の有酸素は、「ややきつい」くらいが効率的。 基本的に体を動かすのは、脂肪か糖。 「きつい」と感じるほどの運動は、体脂肪があまり燃えません。 筋肉内や血中の、糖がメインで使われます。 脂肪がエネルギーになりやすい心拍数は、1分間にお…

ウソ!筋トレ直後の有酸素はNG!?

筋トレをしてから有酸素すると、脂肪燃焼が加速します。 筋肉に強い負荷を与えると、アドレナリンや成長ホルモンなど、脂肪分解のホルモンが放出されるからです。 体脂肪は、そのままでは燃焼しません。 バラバラにして血液の中に流してから、脂肪焼却工場の…

ランナーズハイで無敵になれる!?

1度でもランナーズハイを味わうと、たぶんジョギングにハマります。 しばらく走り続けると、突然おとずれる、フッと脚が軽くなる瞬間。 やがて全身が、ポジティブな感情で満たされます。 これまでは、エンドルフィンという神経伝達物質が、脳内で作用するた…

がんばらない有酸素が脂肪を燃やす!

「有酸素は、20分以上続けないと脂肪が燃えない」 これは都市伝説で、スタート直後から、ある程度の脂肪は燃えています。 たしかにジョギングなどの場合、走り出してしばらくは、糖の利用率が優勢です。 そのあと徐々に、脂肪が盛り返し、20分を過ぎあたりで…

脂肪燃焼だけじゃない!有酸素の効果がスゴすぎる件

じつは有酸素は、脳トレとしても秀逸。 前頭葉が刺激され、集中力がアップしたり、やる気がみなぎったりするほか、海馬の栄養因子が増え、記憶力の向上まで期待できます。 ドーパミンやセロトニンが分泌され、ポジティブ感情で満たされるなど、メンタル面に…

ハードな運動は痩せにくい!?

ダイエット目的の有酸素は、「ややキツい」くらいで本来は十分。 さらに上の強度だと、脂肪より糖がメインで燃えるとされています。 滝汗をかくようなハード系を好む場合は別ですが、効率最優先なら、運動強度の調整は欠かせません。 (220−年齢)×0.6〜0.7…

時間差運動でいいとこ取り!?

有酸素前に筋トレしておくと、体脂肪がより燃焼します。 自分にあった有酸素であれば、種目は何でもOKです。 特にかまえる必要はありません。 お風呂掃除も、犬の散歩も、ある意味では有酸素。 ゴロゴロしてるともったいなくて、せっかくの燃焼チャンスを逃…

有酸素で燃えるのは糖?脂肪??

ダイエット中の有酸素は、息が上がらない程度がいいとされています。 心拍数が上がれば、それだけ糖の利用率が高くなるからです。 一般的に推奨されるのは、「ややキツい」レベル。 たしかに、心拍数を130前後にすると、脂肪の燃焼効率が良いのは事実です。 …

筋トレ→有酸素がダイエットの鉄板

筋トレの後にジョギングをすると、脂肪燃焼の効率がよくなります。 アドレナリンなど、筋トレによって出るホルモンは、体脂肪を分解するからです。 体についた脂肪を燃やすには、まずバラして血液に流し、そこから全身の細胞にあるミトコンドリアに運ばなけ…

有酸素前の筋トレがお得

ジョギング前にスクワットを数セットしておくと、体脂肪が燃えやすくなります。 筋トレ刺激によって、成長ホルモンやアドレナリンなど、脂肪分解のホルモンが分泌されるからです。 じつは体脂肪は、そのままでは燃料にできません。 脂肪酸とグリセロールに分…