食べるダイエットラボ

全てのダイエッターを応援するブログ

糖質制限が楽になる!低GIダイエット

血糖値の、上昇度合いを表す数値がGI値。

(GI:グリセミック・インデックスの略)

 

ブドウ糖を100として、数字が大きいほど、太りやすい食品と考えてください。

 

白米84・食パン95・うどん85など、精製された穀類は、軒並み高GI。

 

パン, トースター, 食品, トースト, 白パン, トーストのスライス, 朝食

 

血糖値を勢いよく上昇させ、肥満ホルモンのインスリン分泌を誘います。

 

その急上昇を抑える、ストッパー役が食物繊維。

 

糖質を包みこみ、インスリンから隠します。

 

ベジファーストダイエットでは、野菜(ベジタブル)を最初に食べて、食物繊維を先にお腹へ。

 

そこで糖質を待ちかまえ、絡みつくように足止めします。

 

糖の吸収を遅らせて、食事全体のGI値を下げるのです。

 

ベジファーストほどではないですが、糖質と食物繊維を、合体させるのも効果的。

 

白米と昆布&海苔・食パンとレタス&トマト・うどんと山菜&キノコなど。

 

糖質と食物繊維の同時摂取で、GI値を下げるダイエット技術。

 

ちょっとした知識とすこしの手間で、食べる罪悪感は減らせます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

※特定の栄養素の過剰摂取は、健康を損なう可能性もあります。

※薬を服用中の方、持病のある方、健康に不安のある方は、まず主治医にご相談ください。