食べるダイエットラボ

全てのダイエッターを応援するブログ

意外に簡単!?肥満ホルモンの扱いかた

肥満ホルモンとされるインスリンを管理できれば、ダイエットの成功率は上がります。

 

キーワードは、インスリンヒエラルキー。

 

カラフルな3Dピラミッド, 図表しょう。, インフォグラフィック, 階層

 

体の中での糖の収納先には、序列があるのを知っていますか?

 

筋肉→肝臓→体脂肪の順です。

 

筋肉内の糖質タンクが一杯になってから、肝臓タンクに糖がまわされ、それでも収まりきらなかった分が、体脂肪にしまわれます。

 

血管の中を流れる糖を、各収納タンクに運搬するのがインスリンです。

 

ところが困ったことに、血糖値が急激に上昇すると、体内がパニックとなり、ヒエラルキーはめちゃくちゃに。

 

慌てたインスリンが、血管内を片づけるため、手当たりしだい糖を投げ込むからです。

 

無駄な体脂肪が、増えるのはそのせい。

 

食物繊維を先に食べ、糖の吸収を緩やかにする「食べ順ダイエット」や、血糖値がゆっくり上がる食品を選ぶ「低GIダイエット」も、全てインスリン分泌を冷静に働かせるテクニックのひとつ。

 

肥満ホルモンにヒエラルキーを守らせれば、ある程度は、食べても太らない食事ができるのです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


※特定の栄養素の過剰摂取は、健康を損なう可能性もあります。

※薬を服用中の方、持病のある方、健康に不安のある方は、まず主治医にご相談ください。