食べるダイエットラボ

全てのダイエッターを応援するブログ

アドレナリン全開!ダイエットが加速する唐辛子の威力

世界一食べられているスパイス、唐辛子。

 

カプサイシン効果による、ダイエット香辛料としても有名です。

 

胃腸などへの負担が大きいため、食べ過ぎは厳禁ですが、調味料として上手に使えば、ダイエットは加速します。

 

唐辛子の辛み成分、カプサイシンが中枢神経を刺激して、アドレナリンが分泌されるため、体脂肪が分解されるといわれているからです。

 

結果的に血流が良くなり、体温は上昇し、全身の代謝アップも促されます。

 

運動と効果的に組み合わせれば、脂肪燃焼もさらにブーストされるはず。

 

じつは唐辛子のカロリーは思ったほど低くなく、大さじ1杯(6g)で25 kcalあります。

 

糖質量も4gあり、けっして低糖質とはいえません。

 

ただ大量に食べるものではないので、カロリーも糖質も実質、ノーカウントでOK。

 

それに唐辛子は、カプサイシン以外の嬉しい栄養素も含みます。

 

免疫力を上げるβ-カロテン、コラーゲン合成を助けるビタミンC、抗酸化作用のあるビタミンEなどです。

 

それでもやはり最大の特徴は、エキスから催涙ガスが作られるほどのその辛さ。

 

日本では鷹の爪を唐辛子としてますが、世界にはハバネロやブートジョロキアなどの激辛品種もあり、辛さに強い人には食べくらべる楽しみもあります。

 

ちなみに、世界一辛いとされるキャロライナリーパーは、少し口に入れただけで気絶することもあるそうです。

 

使い方を一歩間違えると、凶器にもなりうるスパイス、唐辛子。

 

ですが、ピーマンやパプリカの仲間なのは意外です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

※特定の栄養素の過剰摂取は、健康を損なう可能性もあります。

※薬を服用中の方、持病のある方、健康に不安のある方は、まず主治医にご相談ください。