食べるダイエットラボ

全てのダイエッターを応援するブログ

ご飯が食べられる喜び!ローファットダイエット

糖質を摂っていいかわり、脂質を制限するのがローファット。

 

納豆, 米, 食品, 日本の朝食, 日本食, 皿, 箸, ボウル, おいしい

 

糖質制限との効果の差は、ほとんどないとされています。

 

1gあたりのカロリーが9kcalあり(糖質・タンパク質は4kcal)、かつ体脂肪への変換コストが低いのが脂質の特徴。

 

糖質のようにインスリンを分泌させないため、その点で油断しがちですが、危険な存在であることに間違いはありません。

 

ローファットを選択するなら、まず脂質摂取量を1日40gにして2週間、体重の減り具合を調べます。

 

毎日の摂取カロリーのうち、脂質から取れるのは、360kcal以下の計算。

(9kcal×40g=360kcal)

 

もともと油脂類を摂り過ぎてた人なら、これだけで痩せられます。

 

変化を感じなければ、もう少しカットして、1日30gを試してみましょう。

 

もし数字で管理するのが苦手なら、もっとざっくり始めてもOKです。

 

揚げ物、バター・マーガリン、肉の脂身、ポテチ、ショートニング、マヨネーズ・ドレッシングを控えて下さい。

 

「摂取カロリー<消費カロリー」が原則ですが、ローファットには、ご飯やお菓子を食べる自由があります。

 

あとはやってみて、続けられそうかどうか。

 

お米を愛する日本人には、合ってるかもしれません。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


※特定の栄養素の過剰摂取は、健康を損なう可能性もあります。

※薬を服用中の方、持病のある方、健康に不安のある方は、まず主治医にご相談ください。