食べるダイエットラボ

全てのダイエッターを応援するブログ

無制限ではない!タンパク質の落とし穴

「摂取カロリーの25〜30%は、タンパク質から」が、ダイエット中のPFC比率における合言葉。

 

筋肉・髪・爪・皮膚の健康に関わるほか、酵素や神経伝達物質の材料にもなるからです。

 

食事誘発性熱産生が30%もあるので、食べたカロリーの約3割は、食後に熱として放出されます。

 

体脂肪への変換コストも約20%あり、摂取カロリーの多くが、脂肪に変わる前に失われるお得な栄養素。

 

糖質や脂質と比べ、もっとも太りにくいと言えます。

 

とはいえ無制限に、摂っていいわけではなく、そこは難しいところ。

 

ダイエット, カロリーカウンター, 重量の損失, 健康, 食品, ライフスタイル

 

とくに糖質制限中は、要注意です。

 

タンパク質は分解されてアミノ酸になると、その一部が糖になってしまう弱点があります。

 

インスリンも分泌されるので、タンパク質を過剰摂取してしまっては、何のため糖質を控えてるかわかりません。

 

やはり、ダイエットで大事なのは、程度や加減。

 

タンパク質の上限は、PFCの30%までとしてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


※特定の栄養素の過剰摂取は、健康を損なう可能性もあります。

※薬を服用中の方、持病のある方、健康に不安のある方は、まず主治医にご相談ください。