食べるダイエットラボ

全てのダイエッターを応援するブログ

インスリンヒエラルキー

筋肉を鍛えておけば、多少の糖質を摂っても、体脂肪は増えません。

 

その鍵を握るのが、インスリン。

 

血液の中のブドウ糖(=血糖)を回収し、筋肉、肝臓、体脂肪に収納するのが仕事です。

 

糖を収める先には優先的順位があり、それをインスリンヒエラルキーといいます。

 

筋肉→肝臓→体脂肪の順番で、収められるのが正常な流れ。

 

インフォグラフィック, 階段, 進行状況, ステップ, 情報, テンプレート

 

ほかが満杯になり、行き場を無くした糖が、最後に行き着く先が、体脂肪だと考えてください。

 

インスリンが安全運転をしてる限り、ヒエラルキーは守られ、太る心配もそれほどありません。

 

問題が起こりやすいのは、運動習慣のない人です。

 

体をあまり動かさない生活は、筋細胞のインスリンに対する感受性を下げ、筋肉が血糖の受け入れを拒否するようになります。

 

つまり、インスリンヒエラルキーが、崩れてしまうのです。

 

毎日、少しずつでもかまいません。

 

筋肉に適度な負荷を与え、インスリン感受性を高めておく生活を!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

※薬を服用中の方、持病のある方、健康に不安のある方は、まず主治医にご相談ください。