食べるダイエットラボ

全てのダイエッターを応援するブログ

謎の体重増加にそなえる知識

暴飲暴食した翌朝は、体重計に乗るのが怖いですよね?

 

でも、1〜2日のドカ食いなら心配ありません。

 

もし体重が急増していても、そのほとんどは水分です。

 

糖質が体内に入ると、筋肉や肝臓にグリコーゲンとして保管されます。

 

そのとき、3〜4倍の水分と結合するのです。

 

ナトリウムも水を貯留するため、糖質と塩分の多い食事後は、体重がドンッと一気に増えます。

 

いわゆる、水太りですね。

 

そもそも体の60%は、水分でできています。

 

1日のなかで、2~3㎏の増減は、普通にあること。

 

短期的な変化に、振りまわされる必要はありません。

 

体脂肪は1㎏あたりに、約7200㎉が蓄えてあるエネルギーの溜池。

 

こってりラーメンの大盛りが1杯1000㎉として、約7杯分が詰まった、カロリー保存庫です。

 

たった1〜2日では、体脂肪1㎏すら増やせません。

 

逆に、糖質制限の開始直後に、体重が急降下するのも同じ理由。

 

すべては、水分のイタズラです。

 

ボトル, ミネラルウォーター, 水のボトル, 水を飲む, プラスチック製のボトル

 

体内の糖質タンクを空っぽにすれば、くっついてた水も一緒に抜けます。

 

なので、糖質制限を始めてすぐは、1週間で数㎏の減量が可能なんです。

 

一時的に体が、干からびたと言えるかもしれません。

 

ダイエットは、長旅です。

 

今の体は、過去の積み重ねでできています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


※特定の栄養素の過剰摂取は、健康を損なう可能性もあります。

※薬を服用中の方、持病のある方、健康に不安のある方は、まず主治医にご相談ください。