食べるダイエットラボ

全てのダイエッターを応援するブログ

肝臓が喜ぶダイエットおつまみ

ダイエット中は扱いに苦慮するお酒ですが、おつまみには枝豆が最適です。

 

食品, 野菜, トマト, 枝豆, タマネギ, セロリ

 

100gあたりのPFC(茹で)

134kcal・タンパク質11g・脂質6g・糖質4.3g

 

基礎代謝の約2〜3割を、消費するのが肝臓。

 

肝機能への気配りも、ダイエットの一環です。

 

枝豆に多く含まれる、亜鉛やオルニチンは、アルコールの代謝をサポートする成分。

 

さらには、植物性のタンパク質は、弱った肝臓を修復するとされています。

 

糖質や脂質を代謝する、ビタミンB1とB2が豊富なのも、ありがたい要素。

 

肝腎要の肝臓への配慮が、飲酒のダメージからダイエッターを守ります。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


※特定の栄養素の過剰摂取は、健康を損なう可能性もあります。

※薬を服用中の方、持病のある方、健康に不安のある方は、まず主治医にご相談ください。