食べるダイエットラボ

全てのダイエッターを応援するブログ

究極のアンチエイジング!成長ホルモン分泌の条件とは

ダイエットと関係の深いホルモンのひとつに、成長ホルモンがあります。

 

筋肉を増やして、脂肪を減らす効果が期待できる、若返りのホルモンです。

 

名前から誤解されやすいのですが、必ずしも成長期の子供だけに分泌されるわけではありません。

 

加齢により量は減りますが、大人でも毎日、脳の下垂体から血流によって全身に運ばれています。

 

ただし、10代の頃と比べると、30代で分泌量は半分以下になり、その後も減少し続けるのは事実。

 

したがって大人ダイエッターは、あえて成長ホルモンを意識した生活を、心がける必要があるのです。

 

分泌を増やすためのキッカケは、大きくふたつ。

 

運動と睡眠です。

 

とくにウェイトを負荷とした筋トレや、短いインターバルで多セットをこなすサーキットトレーニングはきわめて有効。

 

筋肉に代謝物が蓄積して、パンパンになるパンプアップが、分泌を刺激するとされています。

 

そして、その運動と同じくらい大切なのが、睡眠です。

 

夜の22時〜2時がゴールデンタイムといわれ、その時間に寝ていることで、分泌は最大化します。

 

ただし、お腹に未消化の食べ物が残っていると、分泌が邪魔されるので要注意。

 

とくに糖質を多く食べた後は、インスリンの作用で、妨げられてしまう可能性が高くなります。

 

すくなくとも、入眠3時間前には最後の食事をすませ、胃の中を空っぽにしておくのがベスト。

 

もし空腹で眠れないときは、温かい豆乳をおすすめします。

 

糖質を含まないためインスリンは出しませんし、タンパク質が筋肉の補修に効果的。

 

また大豆に含まれるトリプトファンは、安眠成分メラトニンの原料にもなります。

 

ほかにも成長ホルモンには、肝臓から成長因子の分泌をうながし、肌の生まれ変わりを助ける、美肌ホルモンという側面も。

 

ダイエット以外の、嬉しい要素もいっぱいです。

 

美容クリニックでの、成長ホルモン注射はウン万円しますが、適切な運動と睡眠によって、自前で分泌できるのはお得だと思いませんか?

 

もちろん10代の頃の時間は取り戻せませんが、アンチエイジングに終わりはありません。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

※特定の栄養素の過剰摂取は、健康を損なう可能性もあります。

※薬を服用中の方、持病のある方、健康に不安のある方は、まず主治医にご相談ください。