食べるダイエットラボ

全てのダイエッターを応援するブログ

ホエイにソイにピー?筋トレ直後に摂るべきプロテインの謎

筋トレ後のプロテインデビューをするなら、まずはホエイから始めるのが王道。

 

吸収が最速なので、筋肉の修復が速やかにおこなわれるからです。

 

乳タンパク質の2割を占めるのがホエイで、残りの8割はカゼイン。

 

ホエイの吸収時間は1〜2時間ほどですが、カゼインだと7時間程度かかります。

 

スピード感に、かなり差があるのです。

 

ホエイの別名は乳清で、ホットミルクの表面にできる膜といえば、わかりやすいでしょうか?

 

ヨーグルトでいうと、上澄み(透明な液体)の部分です。

 

カゼインはもともと、チーズやバターの原料ですが、胃酸によって固まる性質があるため、吸収速度が遅くなります。

 

ほかにも、脂質が少ないプロテインとして、卵白から作られたエッグプロテインというのもありますが、商品数も少なく価格もお高いため、筋トレ上級者向けと考えてください。

 

そのほか、女性に人気なのが、大豆由来のソイプロテインです。

 

吸収されるまでの時間は、ホエイとカゼインの中間で、3〜6時間くらい。

 

牛乳アレルギーの方や、乳糖不耐症の方におすすめです。

 

またホエイプロテインにも、製法による違いがあり、WPC、WPI、WPHなどに別れています。

 

記載した順番で値段は高くなっていきますが、そのぶんタンパク質の純度も高いと覚えておいてください。

 

筋トレ初心者は、リーズナブルなホエイのWPC製法で大丈夫です。

 

ただし、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロして、かつ吸収の良いプロテインを求めるのなら、乳糖の少ないWPI以上の商品がいいかもしれません。

 

最後に、牛乳、卵、大豆のアレルギーがある方。

 

欧米では、エンドウ豆を原料とするピープロテインも、人気があることを付け加えておきます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

※特定の栄養素の過剰摂取は、健康を損なう可能性もあります。

※薬を服用中の方、持病のある方、健康に不安のある方は、まず主治医にご相談ください。