食べるダイエットラボ

全てのダイエッターを応援するブログ

BCAAは筋肉の味方

プロテインに吸収スピードで差をつける、アミノ酸のサプリメント。

 

なかでも筋肉にもっとも関係が深いのは、BCAAです。

 

体をつくるタンパク質は、20種類のアミノ酸からできています。

 

そのうち半分以上は体内で生成できるのですが、体外から摂取しなければいけないものが9種類。

 

それを、必須アミノ酸といいます。

 

そのうち筋肉つくりに重要な3種類が、バリン、ロイシン、イソロイシン。

 

この3つの総称が、BCAAです。

 

なかでもロイシンは、筋肉がタンパク質を合成するときのトリガー役。

 

筋肉量の増加や維持に、役立つと考えられています。

 

さらにBCAAは、肝臓で糖を生成する「糖新生」の材料になり、運動中のエネルギーとしても使える存在。

 

運動直前に2~4gを摂取しておけば、途中でガス欠になる心配がありません。

 

脳の疲労を軽減して、集中力を保つ作用も期待できるため、受験生にもおすすめです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

※特定の栄養素の過剰摂取は、健康を損なう可能性もあります。

※薬を服用中の方、持病のある方、健康に不安のある方は、まず主治医にご相談ください。