食べるダイエットラボ

全てのダイエッターを応援するブログ

野菜ファーストでヒエラルキーを守る!

野菜をまっ先に食べる習慣で、インスリンヒエラルキーは守られます。

 

グラフ, 矢印, 3 D, インフォグラフィック, 成功, ビジネス, 成長

 

血液の中にある糖(=血糖)を搬入する先は、①筋肉→②肝臓→③体脂肪の順が基本ルート。

 

①と②が満タンでなければ、③の体脂肪タンクにまでは回りません。

 

血糖値が急上昇して、体内にパニックでも起こらない限り、糖を運搬するインスリンは優先順位を守ります。

 

つまり先に、野菜の繊維質を入れて、腸にバリケードをはっておけば、糖の吸収速度は緩やかに保たれる。

 

インスリンは手順にしたがい、職務を遂行できます。

 

ベジファーストが、太りにくいのはそのためです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


※特定の栄養素の過剰摂取は、健康を損なう可能性もあります。

※薬を服用中の方、持病のある方、健康に不安のある方は、まず主治医にご相談ください。