食べるダイエットラボ

全てのダイエッターを応援するブログ

ダイエットに使えるおつまみ食品

定番おつまみのビーフジャーキーは、ダイエット中の間食としても使える食材。

 

肉, カツレツ, 干し, 洗濯はさみ, シュニッツェル, 豚肉, ステーキ, 生

 

酸素を運び脂肪燃焼を助ける鉄や、筋肉の合成にかかわる亜鉛など、ミネラル成分が豊富です。

 

1食30gあたりの三大栄養素は、糖質3g、脂質3g、タンパク質15g。

 

重量の半分がタンパク質の食品は、なかなかありません。

 

カロリーも約100kcalで、間食としても合格です。

 

気になる塩分は、減塩タイプを選んでクリア。

 

自然と噛む回数が多くなる食材は、少量で満腹中枢を刺激します。

 

顔の筋肉が引き締まり、小顔になれる効果にも期待です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

※特定の栄養素の過剰摂取は、健康を損なう可能性もあります。

※薬を服用中の方、持病のある方、健康に不安のある方は、まず主治医にご相談ください。