食べるダイエットラボ

全てのダイエッターを応援するブログ

食べる勇気がリバウンドを防ぐ!

ダイエッターの間食は、高タンパク、中脂質、低糖質な食品がおすすめ。

 

ゆで卵、無調整豆乳、無糖ヨーグルト、魚の缶詰、減塩ビーフジャーキー、スルメなどです。

 

イワシ, 缶, 食品, 魚, 電源, 缶詰, オイル, 缶詰, 缶詰, 缶詰

 

タンパク質は体内で分解されて、アミノ酸となり、筋肉の合成を刺激します。

 

またその一部からは、糖が作れる利便性も。

 

適度な脂質も必要で、満腹感が得られるほか、栄養素の吸収をゆっくりにする役目があります。

 

もし食事の間が4時間以上になり、血糖値が下がるとどうなるか?

 

筋肉が分解されて、糖が作られます。

 

それが毎日の様に起これば、筋肉量は減り、基礎代謝の低下からのリバウンドコース。

 

空腹に耐えて、食べない時間が長いと、エネルギーを消費しにくい体ができてしまうのです。

 

さらに腹ペコからの食事は、血糖値が急上昇しやすいというリスクがあります。

 

慌てた膵臓は、大量のインスリンを分泌し、血管内にあふれた糖を回収。

 

その収納場所として、体脂肪が選ばれるからたまりません。

 

そうならないためにも、やはり間食は大事。

 

1日の決められた栄養摂取量を、上手くやり繰りし、メインの3食以外に割り振ります。

 

プラス2食が摂れれば、理想的。

 

我慢だけが、ダイエットではありません。

 

食べる勇気も、求められるのです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

※特定の栄養素の過剰摂取は、健康を損なう可能性もあります。

※薬を服用中の方、持病のある方、健康に不安のある方は、まず主治医にご相談ください。